対応が早いかどうか

会社を設立の時、対応が何日もしてからで遅くてしょうがないという方とは、顧問の契約をすべきではないです。基本的なことなのに、数日してから答えてくる方もあるはずです。ミスが無いのはいいことですが、遅くて業務に支障が出るのは問題です。税理士と相談する上で早めの対応してくれる税理士は会社発展に貢献するのです。

 

さて対応が早くてもミスがあるのも困りものです。適切に対応してくれるかが要点になります。また会社設立には多くの相談があります。店の内装のデザインや商品のパッケージについてと細やかな気配りが必要です。そこで適切に相談に応じてくれる頼もしい税理士でありたいものです。税理士も、会社設立時には忙しいものの、普段は会計処理が中心です。細やかなアドバイス、そして提案が出来ると自然に会社も上向きます。

 

このように会社を発展させる原因にもなります。そこで正しい判断が求められます。それは税理士のセンスにもよります。そして親身に対応してくれる税理士を選ぶことが大事です。長い付き合いであればなおさらです。もし会社設立で悩んでいるのであれば、会社発展のキーになるのは税理士であることは間違いないです。そして、人によっては会計士を重要とする方もいます。それは、何を大事にするかです。つまり税を大事にするならば税理士、会計に重きを置くならば会計士になります。

節税に協力的かどうか

税金の相談にのらない税理士もいます。それは、税理士の仕事は会計処理です。お金の管理をしてくれるのです。このことから、特に税理士にとって税金の金額について興味を持たない税理士もいますので、そのような方と契約するのは間違いです。さらに税務署に味方をして多くの税金を払うことを勧めてくる税理士もお薦めできないです。

 

このように会社を運営し、税理士を雇うならば節税を薦めてくれる方を選ぶべきです。具体的には役員報酬や社長の給料の調整です。会社に財産を残しておくと税金が安くなる場合もあります。よく考えて節税の相談を受付けてくれる税理士を選ぶべきです。このように、社長自らの給料も高くして欲しいですが、会社の収益も必要です。そこで、税理士が良き会社運営のためのアドバイスを受けると自然と会社も成長してきます。

 

このように節税に積極的であっても、不正は良くないです。周りの家族や従兄弟も困るものです。だから、正しい節税の出来る税理士と契約をして、円満経営を期待します。また申告書の提出も積極的に行い、その他の税金対策も力を入れて欲しいものです。このように、節税に対して協力的ではない方もいるのです。つまり、節税を仕事と思わない税理士がいるのです。

お客様目線の税理士か

会社を設立の時でなくても、税理士と契約を結ぶならばお客様の目線で対応してくれる税理士と相談することです。お客様の目線とは、例えばあらかじめ予想できる問題を早めに伝えて、いざという時には守ってくれることです。突然、税金がこのくらいかかりますと言われても困るはずです。このままでは、税金がこのくらいかかるけども、社長の給料をこのくらいにすると税金は、このくらい変わるという説明をしてくれると納得いきます。

 

そして、会社設立の話ですので、融資をどのくらい都合できるかと、積極的に動いてくれる人が欲しい訳です。しかし、そんなお客様の目線に立ったいい税理士は自然とお客様がつきますので、営業もかけないのです。しかし、お客様都合で税理士に余裕が出来て対応出来る時がチャンスです。そのような時を狙って税理士と契約すべきです。もちろん、料金体系も分かりやすい税理士に依頼すべきです。

 

また店舗を開設した場合の相談もあるはずです。いろいろな相談がありますので、経験豊富な税理士と相談し、場合によっては顧問契約を行うことをお薦めします。もちろん、人としての身なりや品格を兼ね備えているかも重要なことになります。そして、普段から税理士との接点を多くしておくべきです。

会社設立と税理士相談

会社を起こしたい、男性も女性も一度は夢を抱いたこともあるはずです。さて何の業種で会社を起こしたいのか、今までやってきたことをするのか、全く新しい分野を行うのか、会社設立に迷うはずです。そこで相談できる相手が税理士です。税理士への会社設立相談を説明します。

さて税理士とはどのような仕事なのかといいますと、会社設立に関して融資の相談を受けてくれます。無担保で融資してくれる場合もあります。それから、税金を納める相談をしてくれます。会社の立場からすれば税金を多く納めるよりも少なく納めるべきです。しかし、脱税までしての法を犯しての税金を納める形でも困りものです。法に則って国に税金を納めます。そこでアドバイスをするのが税理士なのです。

そこで会社設立のために担当の税理士を募集します。しかし、相手もこちらを評価します。金額の計算や書類作成もきちんとするべきです。さらに経費を削減しないと利益を生まないのです。このことから会社を設立する本人もしっかりと成長していく必要があるのです。そして税理士に求めることは、服装や身なりといった一般常識を知っていることです。それから、お客様目線で対応するかです。これは意外に難しいものです。会社を設立したい、社長との相性もありますが、税理士本人が意識していないと難しいのです。さらに、節税に協力的であるか、対応が早いかどうかが大切です。それでは、税理士への会社設立への相談に関する内容を説明します。