お客様目線の税理士か

会社を設立の時でなくても、税理士と契約を結ぶならばお客様の目線で対応してくれる税理士と相談することです。お客様の目線とは、例えばあらかじめ予想できる問題を早めに伝えて、いざという時には守ってくれることです。突然、税金がこのくらいかかりますと言われても困るはずです。このままでは、税金がこのくらいかかるけども、社長の給料をこのくらいにすると税金は、このくらい変わるという説明をしてくれると納得いきます。

 

そして、会社設立の話ですので、融資をどのくらい都合できるかと、積極的に動いてくれる人が欲しい訳です。しかし、そんなお客様の目線に立ったいい税理士は自然とお客様がつきますので、営業もかけないのです。しかし、お客様都合で税理士に余裕が出来て対応出来る時がチャンスです。そのような時を狙って税理士と契約すべきです。もちろん、料金体系も分かりやすい税理士に依頼すべきです。

 

また店舗を開設した場合の相談もあるはずです。いろいろな相談がありますので、経験豊富な税理士と相談し、場合によっては顧問契約を行うことをお薦めします。もちろん、人としての身なりや品格を兼ね備えているかも重要なことになります。そして、普段から税理士との接点を多くしておくべきです。

Comments are closed.