会社設立と税理士相談

会社を起こしたい、男性も女性も一度は夢を抱いたこともあるはずです。さて何の業種で会社を起こしたいのか、今までやってきたことをするのか、全く新しい分野を行うのか、会社設立に迷うはずです。そこで相談できる相手が税理士です。税理士への会社設立相談を説明します。

さて税理士とはどのような仕事なのかといいますと、会社設立に関して融資の相談を受けてくれます。無担保で融資してくれる場合もあります。それから、税金を納める相談をしてくれます。会社の立場からすれば税金を多く納めるよりも少なく納めるべきです。しかし、脱税までしての法を犯しての税金を納める形でも困りものです。法に則って国に税金を納めます。そこでアドバイスをするのが税理士なのです。

そこで会社設立のために担当の税理士を募集します。しかし、相手もこちらを評価します。金額の計算や書類作成もきちんとするべきです。さらに経費を削減しないと利益を生まないのです。このことから会社を設立する本人もしっかりと成長していく必要があるのです。そして税理士に求めることは、服装や身なりといった一般常識を知っていることです。それから、お客様目線で対応するかです。これは意外に難しいものです。会社を設立したい、社長との相性もありますが、税理士本人が意識していないと難しいのです。さらに、節税に協力的であるか、対応が早いかどうかが大切です。それでは、税理士への会社設立への相談に関する内容を説明します。

Comments are closed.