対応が早いかどうか

会社を設立の時、対応が何日もしてからで遅くてしょうがないという方とは、顧問の契約をすべきではないです。基本的なことなのに、数日してから答えてくる方もあるはずです。ミスが無いのはいいことですが、遅くて業務に支障が出るのは問題です。税理士と相談する上で早めの対応してくれる税理士は会社発展に貢献するのです。

 

さて対応が早くてもミスがあるのも困りものです。適切に対応してくれるかが要点になります。また会社設立には多くの相談があります。店の内装のデザインや商品のパッケージについてと細やかな気配りが必要です。そこで適切に相談に応じてくれる頼もしい税理士でありたいものです。税理士も、会社設立時には忙しいものの、普段は会計処理が中心です。細やかなアドバイス、そして提案が出来ると自然に会社も上向きます。

 

このように会社を発展させる原因にもなります。そこで正しい判断が求められます。それは税理士のセンスにもよります。そして親身に対応してくれる税理士を選ぶことが大事です。長い付き合いであればなおさらです。もし会社設立で悩んでいるのであれば、会社発展のキーになるのは税理士であることは間違いないです。そして、人によっては会計士を重要とする方もいます。それは、何を大事にするかです。つまり税を大事にするならば税理士、会計に重きを置くならば会計士になります。

Comments are closed.