節税に協力的かどうか

税金の相談にのらない税理士もいます。それは、税理士の仕事は会計処理です。お金の管理をしてくれるのです。このことから、特に税理士にとって税金の金額について興味を持たない税理士もいますので、そのような方と契約するのは間違いです。さらに税務署に味方をして多くの税金を払うことを勧めてくる税理士もお薦めできないです。

 

このように会社を運営し、税理士を雇うならば節税を薦めてくれる方を選ぶべきです。具体的には役員報酬や社長の給料の調整です。会社に財産を残しておくと税金が安くなる場合もあります。よく考えて節税の相談を受付けてくれる税理士を選ぶべきです。このように、社長自らの給料も高くして欲しいですが、会社の収益も必要です。そこで、税理士が良き会社運営のためのアドバイスを受けると自然と会社も成長してきます。

 

このように節税に積極的であっても、不正は良くないです。周りの家族や従兄弟も困るものです。だから、正しい節税の出来る税理士と契約をして、円満経営を期待します。また申告書の提出も積極的に行い、その他の税金対策も力を入れて欲しいものです。このように、節税に対して協力的ではない方もいるのです。つまり、節税を仕事と思わない税理士がいるのです。

Comments are closed.